no title

HKT48の指原莉乃が18日、TOKYO DOME CITY HALLにて「指原莉乃ソロコンサート~アイドルとは何か?~」を開催した。

指原莉乃、ソロコンサート

指原にとって単独公演は2016年11月20日にグランドプリンスホテル新高輪飛天の間で行われた「指原莉乃ディナーショー」以来で、単独コンサートは初。
15日からNGT48中井りか、AKB48兼STU48岡田奈々、AKB48横山由依が立ってきたステージを引き継ぎ、HKT48メンバーをバックダンサーにしたがえ、約2000人の観客を熱狂させた。

コンセプトは19日、20日に本家が行われる「リクエストアワー」仕様で指原の“1人リクアワ”。

HKT48のシングル「12秒」やAKB48のシングル「前しか向かねえ」などハイテンションなナンバーで開幕。
「ちょっと泣きそうになった、泣いてないですけど。いつもの雰囲気と違うじゃないですか?多分私のファンじゃない人もいるかもしれないけど、楽しんで下さい」と指原らしくマイペースなトークで始まった。

次は「誘惑のガーター」「黒い天使」「口移しのチョコレート」と人気のセクシーなユニット楽曲を立て続けに披露。

「どうしてもやりたい曲があってダンサーさんに来てもらった」と予告すると、登美ヶ丘高校ダンス部ならぬ“さしが丘高校ダンス部”に扮した秋吉優花らメンバーと2017年に流行った荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」をパフォーマンスし、次のMCで出てきた田中菜津美から「好き放題ですね」と突っ込まれていた。

総選挙1位の公約としてバラエティ番組でかかげていた“さしこ100%”を披露したり、純白のビキニ姿で「意外にマンゴー」を踊ったりとサービス精神旺盛に魅了。

豪華なゲストも続々と駆けつけた。
AKB48の最新アルバムで荻野由佳、込山榛香と歌うユニット曲「恋愛無間地獄」を同郷のフォークシンガー南こうせつと豪華にデュエットで初披露。

「恋するフォーチュンクッキー」には、ダンス&ボーカルグループ・TRFのDJ KOOとSAMも駆けつけ、豪華なおにぎりダンスとなった。

終盤は「ハロウィンナイト」「LOVE TRIP」「#好きなんだ」の総選挙で勝ち取ったセンターシングルをメドレーで歌い、ファンに感謝。
デビュー当初からファンを客席から探し、笑顔を見せた。

真剣な顔になり、「お知らせがあります。私指原莉乃はHKT48を…」と卒業発表を匂わせたかと思うと、「まだまだ辞めません!」と宣言し、観客を安心させる場面も。
観覧していたHKT48メンバーの中には泣き出すメンバーもいて、指原は慌てて謝った。

全力でライブを楽しみ、2000人から「りのちゃん」コールを浴びた指原は「もう少しさっしーじゃなくてりのちゃんでいられるように頑張りたいと思います」「これからも指原についてきて下さい-!」とまだまだアイドル宣言。

アンコールはHKT48定番のライブで盛り上がる楽曲を披露し、観客席のメンバーもステージに呼び、全員で「アイドル指原莉乃って?」「最高かよー!」と叫んだ。

会場の興奮はまだまだ冷めやらず、ダブルアンコールへ。
「みんなごめーん!大事な曲を忘れてた!」とソロシングル「それでも好きだよ」を熱唱。
アイドル指原莉乃全開でステージを終え、「これからもずっと指原のこと応援してくれるかな?」「いいともー!」とお馴染みの挨拶でステージを後にした。

セットリスト他全文
http://mdpr.jp/music/detail/1741212

「指原莉乃ソロコンサート~アイドルとは何か?~」 純白の水着姿も披露
no title

no title

no title

no title

no title

no title


HKT48 指原莉乃
no title


しのちゃん写ってるぅう。