o1080072014917627315
283: 47の素敵な(千葉県) (アウアウウーT Sacd-GkK7) 2021/03/28(日) 22:33:38.42 ID:EonYUwSna
NIKKEI STYLE @nikkeistyle

HKT48がオンライン演劇公演「HKT48、劇団はじめます。」を上演。驚くべきは出演はもとより、
脚本や美術・衣装から宣伝・広報まで、すべてHKT48のメンバーが担ったことです。

#新着 #エンタメ #nikkeistyle

https://s.nikkei.com/3d6nj6Y

2021年3月28日 15:30
https://twitter.com/nikkeistyle/status/1376059018100281346
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

288: 47の素敵な(千葉県) (アウアウウーT Sacd-GkK7) 2021/03/28(日) 22:52:50.31 ID:EonYUwSna
>>283


HKT48「劇はじ」 メンバーで脚本・演出・広報も全部



福岡・博多を拠点とするアイドルグループHKT48がオンライン演劇公演「HKT48、劇団はじめます。」(「劇はじ」)
を2月20~28日に上演した。
HKT48は総勢48人(3月下旬現在、IZ*ONE専任中の2人を除く)のうち、36人のメンバーが携わることになり、
異なるオリジナルのストーリーでの演目を上演する18人ずつ「ミュン密」と「ごりらぐみ」という2つのチームに分かれての開催となった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  省    略  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、ソロでの活動も多い4期生の豊永阿紀は脚本を担当。チーム「ごりらぐみ」の公演内容は豊永を中心にプロデューサー、
演出担当と絞り込んでいった。そうして決まった「不本意アンロック」は内気な主人公の佳(ケイ)が、
見知らぬ他人の“キーパーソン”になっていく物語。「真の人間関係とは?」「自分の存在意義とは?」という問いに向き合っていく。

豊永は「書き上げるまでが大変だと思っていたけど、脚本次第でいくら役者が頑張っても伝わらないこともあるので、
リモートでの本読みなどでも本番まで気が抜けない」と話す。これまでの活動とはまた異なる責任感を抱いているようだ。

「これまでもHKT48にはみんなで何かを作り上げていく文化があったけど、『劇はじ』はまた違った形で力を合わせている。
それぞれの役職で新たな才能を発揮するメンバーが出てくればいい」(松岡)。
「もうリモートはリアルの下位互換ではなくて、世界中の人々に気軽に見てもらえるだけではない強みがあるはず。
それを探していきたい」(豊永)。


「劇はじ」でHKT48のメンバーが実践しているのは、自分で考えて行動する主体性だろう。
コロナ禍での活動が制約されている女性アイドルグループが多い中、メンバー主導で作り上げるオンライン演劇が、
次の有効な一手になるかの試金石となりそうだ。


(「日経エンタテインメント!」3月号の記事を再構成 文/伊藤哲郎)

[日経MJ2021年3月12日付]

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO69918680S1A310C2H40A00?channel=DF280120166614

292: 47の素敵な(光) (アウアウエー Sada-phPq) 2021/03/29(月) 00:33:18.02 ID:RC7fwvwza
>>288
これもインタビュー受けたのね

299: 47の素敵な(茨城県) (アウアウウーT Sacd-GkK7) 2021/03/29(月) 06:44:42.86 ID:gMI8pRH3a
豊永 阿紀 @aki_toyonaga

アメブロを投稿しました。
『うまくは言えないが聞いてはくれないか』
#アメブロ #恋スト
https://ameblo.jp/aki-toyonaga/entry-12665191961.html

2021年3月29日 1:11
https://twitter.com/aki_toyonaga/status/1376205400488374272
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)