4Ae8flPy_400x400
 11年11月26日。デビューの舞台となったホークスタウンの旧専用劇場は、まだ小さな彼女たちの手には余るほど、充実した設備を誇っていた。高い天井、パフォーマンスに奥行きを与えるセリ。最大の特徴は花道の先に伸びた、回転しながらせり上がる円形ステージ(通称「でべそ」)で、ファンの記憶に強い印象を刻んだ。当初はたどたどしさもあったメンバーも、汗と涙と笑顔に彩られながら、少しずつ設備に見合う存在に磨かれていった。

 楽しくうれしい日々も、悔しく悲しい日々も見守り続けたホームとの別れが訪れたのは16年の4月。前日の3月31日には特別公演が開催され、当時現役だった穴井千尋や兒玉遥、指原莉乃、多田愛佳らも、消えゆく劇場に「ありがとう」と言葉を贈った。

 あれから約4年-。