D9nLILhUwAAYLr-
HKT48チームKⅣの岩花詩乃さんが21日、自身最後の劇場公演に出演。約7年のアイドル人生を完走し、新たな一歩を踏み出しました。ご卒業、おめでとうございます(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/8nNW61QpcU
華やかなビジュアルに、はつらつとしたパフォーマンス。一見すると取っつきにくそうでも、人一倍優しい心根。劇場、チーム、ファン、そしてHKTにとって非常に大きな存在だったと思います(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/tbdaORxVhK
1曲目の「恋を語る詩人になれなくて」から。いつも通りの、いつも以上の、はじける笑顔とパフォーマンス(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/HetKaAWS6G
時に可愛らしく、時にかっこよく。キレのある動きで魅了します(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/tbtrmpgqSo
2枚目は、眼鏡をずらす秋吉優花さん。3枚目は、体調を崩した村重杏奈さんの代わりに出演した清水梨央さん。1日で全体曲をすべて覚えたそうです(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #秋吉優花 #清水梨央 pic.twitter.com/lmS46PNoQN
恒例「アンテナ」イントロでの鬼ごっこは、盟友の上野遥さんを「捕獲」。4枚目は、秋吉優花さんとのじゃんけんがなかなか終わらない岩花さん(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #上野遥 #秋吉優花 pic.twitter.com/sPwzNyEANz
大きくジャンプして「制服の芽」へ。公演を支えるパフォーマンス力はキャプテン・本村碧唯さんからの信頼も厚く、迷い無く真っ先に自身のポジションを任せられると語るほど(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #地頭江音々 #本村碧唯 pic.twitter.com/XkLkYZoVOW
「みんなのハートのしのっちオン」。めちゃくちゃ恥ずかしがりながら昔のキャッチフレーズを披露し、この表情である(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/XjnPpS0O0r
自己紹介MCで号泣してしまう小田彩加さん。仲良しな「おだはな」コンビと呼ばれる2期生の先輩と4期生の後輩(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #小田彩加 pic.twitter.com/YmkiM95hyf
本日の主役。最後のユニットは「枯葉のステーション」でした。ソロバラードをしっとりと歌い上げます(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/R6zm4j1a3O
MCより、互いに残る一人となった「いもむChu
!」の坂口理子さん(右)と「I4U」の上野遥さん(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #上野遥 #坂口理子 pic.twitter.com/CnhpPDKfBf
「水のないプール」より。これから先、彼女が進むのは、今よりもっと底の見えない「プール」なのかもしれません。それでも、彼女ならきっと…(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/p3IcSpRLBQ
これまでの日々を映像で振り返ります。涙ながらに、ファンや家族に感謝を伝えた岩花さん。「ファンのみなさんにとって大きな存在になれたんだなっ思うと、HKTに入って良かったなって…」(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/P3FeLgHuNI
卒業後は、美容関係への道を進むという岩花さん。最後には、負傷などのため出演していなかったチームメンバーも登場(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #朝長美桜 #森保まどか #深川舞子 pic.twitter.com/1t8gidHZbT
最後の曲は「あなたがいてくれたから」。48グループ屈指の名曲を歌いながら、仲間達と別れのあいさつを(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/hSC6LWKrDb
最後の礼。駆けつけた同期の田島芽瑠さんから、花束が贈られました(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 #田島芽瑠 pic.twitter.com/ioH15JINiS
約7年、お疲れ様でした。またどこかで。行ってらっしゃい!(F)#HKT48 #岩花詩乃卒業公演 #岩花詩乃 pic.twitter.com/aTwxUM6jQS
 HKT48チームK4の岩花詩乃(19)が21日、福岡市のスカラエスパシオホールで、自身最後の劇場公演に出演し、約7年のアイドル人生を「完走」。ファンのエールに背中を押されながら、新たな一歩を踏み出した。