DwaUVP9UUAAAm80
HKT48の若手メンバー「F24」が出演するフレッシュメンバーコンサートが8日、福岡市の博多座で開かれました。撮って出しの写真をいくつかアップいたします(F)#HKT48 #F24博多座 #豊永阿紀 #地頭江音々 #小田彩加 #武田智加 #山下エミリー #村川緋杏 #松岡はな #田中美久 pic.twitter.com/nilVesPu7R
コンサートの序盤から。博多座コンサートは昨年に続き2回目ですが、前回心強い存在だった田島芽瑠、朝長美桜の両2期生は不在。3期以降のメンバーの成長と覚悟が、ビシビシ伝わってきました(F)#HKT48 #F24博多座 #山内祐奈 #豊永阿紀 #運上弘菜 #渡部愛加里 #馬場彩華 #小田彩加 #地頭江音々 pic.twitter.com/8X8O7lexAb
ここからは「全員1曲センター」のメドレーを。栗原紗英さんは「国境のない時代」。キレのいいダンスやMCなど、多岐にわたり活躍するチームTⅡの屋台骨(F)#HKT48 #F24博多座 #栗原紗英 pic.twitter.com/XChBn4uRHm
月足天音さんの「純情U-19」。小柄ですが色気があり、アイドルが大好き。最近、料理の腕も上げているとか(F)#HKT48 #F24博多座 #月足天音 pic.twitter.com/qGDTy6NE9z
「呼び捨てファンタジー」の武田智加さん。可愛らしいパフォーマンスならピカ1の「もかちゃん」(F)#HKT48 #F24博多座 #武田智加 pic.twitter.com/pXmKhXHf20
外薗葉月さんの「唇 触れず…」。個性的なファッションセンスが光るチームTⅡ副キャプテンは、昨年海外に短期留学。インスタグラムもおしゃれな写真がたくさん(F)#HKT48 #F24博多座 #外薗葉月 pic.twitter.com/fYWwMJjbtA
小田彩加さんの「僕の太陽」。一見「天然」でも、思慮深い優しさが印象的な小田さん。イラストを描くことが趣味で、昨年は総選挙で50位にランクインし、念願の個展を開催。今年元日の西日本新聞北九州版では、北九州の魅力について語ってくれています(F)#HKT48 #F24博多座 #小田彩加 pic.twitter.com/nS4jI4qZGE
坂本愛玲菜さんの「私は私」。峯岸みなみさんのソロ曲である珠玉のバラードに、坂本さんの優しい歌声がとてもよくはまっていました。昨年から、その歌声を生かしてグループの枠に収まらぬ活躍を見せています(F)#HKT48 #F24博多座 #坂本愛玲菜 pic.twitter.com/c8qnPY6LHv
ドラフト3期生の渡部愛加里さんは「波乗りかき氷」。昨夏のTOKYO IDOL FESTIVALで、鮮烈なデビューを飾った「あーちゃん」。次世代エース候補の呼び声も高く、劇場公演ではセンターの一角を担っています(F)#HKT48 #F24博多座 #渡部愛加里 pic.twitter.com/w7k8Jzrdsc
松本日向さんの「オーマイガー!」。昨年のお笑い挑戦で、一躍脚光を浴びた大阪出身の爆弾娘。感性が独特過ぎて周囲を困惑させることもありますが、長身でスタイルにも恵まれた「ビジュアル系」(F)#HKT48 #F24博多座 #松本日向 pic.twitter.com/BQUXaPiY0E
山内祐奈さんの「ドリアン少年」。もともと可愛らしい顔立ちでしたが、最近ではMCでの活躍も顕著に。まだまだ飛躍の可能性を秘めたメンバーの一人だと思います(F)#HKT48 #F24博多座 #山内祐奈 pic.twitter.com/nqDhl7hMEy
村川緋杏さんは「青春時計」を。昨年は様々な話題を振りまきましたが、ステージではいつも全力。大汗をかきながら、あおりにMCにと様々な場面で活躍する、ライブには欠かせないメンバーの一人(F)#HKT48 #F24博多座 #村川緋杏 pic.twitter.com/yGTow3qZ9V
馬場彩華さんは「ポニーテールとシュシュ」。その可愛らしさから注目度急上昇中のドラフト3期生は、ぐんぐん身長も伸びてスタイル抜群に。コミュ力も高く、仲良くなった先輩たちも「あの子すごい」と口をそろえていました(F)#HKT48 #F24博多座 #馬場彩華 pic.twitter.com/6NuIzcAPF3
豊永阿紀さんの「暗闇」。歌、文章、写真、演技と多方面で非凡な才を見せる豊永さん。この日の「暗闇」もすばらしい歌唱でした。アイドルの枠に収まらない活躍を見せてくれるメンバーの一人です(F)#HKT48 #F24博多座 #豊永阿紀 pic.twitter.com/ZoUfzEbJWO
センターのいない「飛べないアゲハチョウ」。インフルエンザのため無念の休演となった宮﨑想乃さん。そこに姿はなくとも、思いは一緒に(F)#HKT48 #F24博多座 #宮﨑想乃 pic.twitter.com/U1zMj2xGnG
伊藤優絵瑠さんは「涙売りの少女」。しなやかなダンスに目を引かれるのはもちろんですが、鋭い切り返しや突っ込みで笑いをとる場面も多いドラフト3期生(F)#HKT48 #F24博多座 #伊藤優絵瑠 pic.twitter.com/sH29kqPcgE
キレキレの激しいダンスで、貫禄さえ見せつけた地頭江音々さんの「Don't look back!」。チームKⅣに昇格して約1年がたち、面倒見の良い先輩としての顔も見せるようになった4期生。公演ではセンターを任されることもあるエース候補(F)#HKT48 #F24博多座 #地頭江音々 pic.twitter.com/da4sutUvx4
山下エミリーさんの「夢のdead body」。自らエレキギターをひきながら歌ったチームTⅡキャプテンは、押しも押されもせぬ「F24」の中心人物に。劇場公演では後輩を優しく支える姿が増え、自身も恵まれたビジュアルを生かして昨年は初ランウェイを経験(F)#HKT48 #F24博多座 #山下エミリー pic.twitter.com/8Tp6I34lTF
運上弘菜さんは「嘆きのフィギュア」。地元・北海道でCMに出演中の4期生は、昨年のHKTの流行語と言ってもいい「グッとする」を生み出した一人。「支えたい」と思わせる儚げな表情はアイドル性が高く、それでいてこちらをドキリとさせるようなギャップも魅力です(F)#HKT48 #F24博多座 #運上弘菜 pic.twitter.com/HD4J2zH7QR
荒巻美咲さんの「ここにだって天使はいる」。昨年、韓国のオーディション番組に参加し一皮むけた感のある荒巻さん。冷静な印象はありますが笑顔はまさに「天使級」で、同番組で産まれた「美咲が笑った」は、HKTの流行語の一つとなりました(F)#HKT48 #F24博多座 #荒巻美咲 #美咲が笑った pic.twitter.com/sZsQIX884a
石安伊さんの「転がる石になれ」。劇場デビューに少し時間がかかってしまったものの、終演後に流した涙はとても美しいものでした。同期生などメンバーに突っ込まれ笑いの中心になることも多く、MCでも活躍が期待されるドラフト3期生です。転がる…石?(F)#HKT48 #F24博多座 #石安伊 #あいみゅん pic.twitter.com/Ei6b6eFMYy
堺萌香さんの「くまのぬいぐるみ」。劇場公演では、同曲内の演出で豪快に熊のぬいぐるみを投げる「おいもちゃん」。小柄ながらその見事な投げっぷりは、今や博多名物。メンバーの誕生日を祝う生誕祭では、ほぼ必ず涙を流す優しい感受性の持ち主(F)#HKT48 #F24博多座 #堺萌香 #おいもちゃん pic.twitter.com/YAjRorrDLJ
今村麻莉愛さんの「へたっぴウィンク」。どんな時でも、小さく華奢な体を精いっぱい大きく動かす全力のパフォーマンスは、見る者に元気を与えてくれます。アイドルの魅力が詰まったその姿を、ぜひ一度ご覧あれ(F)#HKT48 #F24博多座 #今村麻莉愛 pic.twitter.com/0gMYjsxK7q
田中美久さんの「夢でKiss me!」。昨年の選抜総選挙で10位。宮脇咲良さん、盟友・矢吹奈子さん不在の今、小さな体にエースとしての期待を背負うみくりん。その覚悟と決意が、痛いほど伝わってくるコンサートでした(F)#HKT48 #F24博多座 #田中美久 pic.twitter.com/LpTHJXphel
清水梨央さんは「大声ダイヤモンド」。取材中はおとなしく声も小さい4期生ですが、どうやら本性?は違うようです(笑)。振り覚えが早くダンスもしなやかで、劇場ではかっこいいパフォーマンスや表情も見せるなど、嬉しいギャップを見せてくれるメンバーの一人です(F)#HKT48 #F24博多座 #清水梨央 pic.twitter.com/qf8ofgEWJu
メドレーの締めは、松岡はなさんの「それでも好きだよ」。指原莉乃さんが客席で見守る中での披露でした。HKTが、コンサートが本当に大好きな「はなちゃん」。屈託のない無邪気な笑顔やパフォーマンスは、見る者の心を浄化してくれるような力があります(F)#HKT48 #F24博多座 #松岡はな pic.twitter.com/YgVNFpQdRc
コンサートは、あす9日も博多座で行われます。ユニット以降の曲や寸劇は、明日の公演後にまとめてレポートします(F)#HKT48 #F24博多座 #山下エミリー #田中美久 #豊永阿紀 #宮崎想乃 #松岡はな pic.twitter.com/iBwbqLjxy3