20170220
アイドル激戦区、九州・福岡を本拠地に2011年に誕生したHKT48。12年にAKB48から移籍してきた指原莉乃(24)の知名度は絶大。だがそれに頼らず、本拠地での定期公演はもちろん、14年の九州ツアーを皮切りに半年に1度はライブツアーを開催して、そのクオリティーの高さでグループ全体の人気を高めてきた。

 中心メンバーの宮脇咲良(18)は「見に来てくれる方の世代にあわせていろんな挑戦をしている。一番たくさんコンサートをしているグループになりたい」と話す。コンサートではAKB48グループを含めライバルグループの曲から、「UFO」「淋しい熱帯魚」といったひと昔前のアイドルソングまで、自分たち以外の曲を歌うのが定番だ。コンサートの曲目選びに関わる指原は、「私たちを知らないお客様にも毎回楽しんでもらいたいから、自分たちの曲だけにこだわらない曲選びをしています」と狙いを語る。


https://dot.asahi.com/aera/2017021500114.html