image

感動の名作

一言で言うと、HKT48に所属するメンバーを「人」として捉えた作品。
メンバーそれぞれの思いや葛藤が描かれていて、指原が監督だからこその内容。とても感動しました。

素直に思いが伝わってくる良作
さっしーがインタビュアーとしてメンバーに話を聞くという形で進められている場面が多いのですが、1期、2期、3期のメンバーごとに座談会形式で話を聞くものと、さっしーが数人のメンバーと個人的に二人きりで食事などをしつつ話を聞くというものが混ざっていて、とにかくメンバーに話をしてもらおうという姿勢が前面に出ていることに好感を持ちました。

さっしーがメンバーに話を聞くときは、HKTの番組でMCをしているときと変わらないいつもの感じで、「あの時はどういう気持ちだった?」というように屈託なくストレートに話を振ってくれているのでメンバーたちも話をしやすそうでしたし、ドキュメンタリー映画向けのインタビューといった改まった雰囲気でないのがメンバーたちの率直な気持ちを引き出せているようで、気分よく観ることができました。

また、その間にデビュー当時からの過去の映像が挟み込まれていて、とりとめなく話が展開するため一見ごちゃごちゃしそうなのですが、その時々の話に沿った映像をうまく選んでいるので、HKTにそれほど詳しくない人でも分かりやすい構成になっています。

息抜きとして武井壮さんに「あるメンバー」の倒し方を聞くなんて場面もあり、ここら辺は照れたのか、これ入れるかどうしようか迷ったんですよというような裏話まで入れていて、こういう本来DVDの特典映像で使われるメイキングのようなものまで本編に入れているのが他にも何か所かあって、このラフな感じがさらに親近感を持たせるのに一役買っていたようにも思います。ここまで計算で入れているとしたら、さっしー恐るべしですね。

ナレーションもさっしーが担当しているのですが、これもDVDのオーディオ・コメンタリーみたいにその場その場で思ったことを話してくれているのが堅苦しくなくてよかったです。

全体としてまとまりのない構成ではあるのですが、これを描きたいというより、とにかくメンバーのありのままの姿をファンの人たちに観てもらいたいと思う気持ちがしっかりと伝わってきたのが何よりでした。

センターが誰になるかをめぐっての表には見せないメンバー同士の強い競争心や卒業していくいーちゃんとの絆、昨年の紅白にかけていた思いといったあたりは、特に印象に残りました。あと、りこぴ推しのファンの方の熱い思いも。


心を動かされました。

指原監督のインタビューが巧かった。間合いの取り方といい、言葉の選択といい。あと、構成の仕方が巧い。メンバー・ファン・スタッフの「関係性」を描くことに注力し、「誰」に「何」を見せたいのか、という根本が極めて明快に伝わってきました。

すっごく良かったー!

指原さんのメンバー愛が、スクリーンから痛いほど伝わり涙が止まりませんでした。そして、指原さんの新たな才能に感服いたしました。すごい方です。

思いっきり泣いてしまいました。
普通に見に行ったら完成度が高く
それほどファンでは無かったのですが泣いてしまいました。

HKT48を知らない人でも楽しめる

私はあまり、HKT48には詳しくないのですが、とても楽しめました。彼女たちの苦労が分かりやすく鮮明に描かれていて感動しました。涙あり笑いありで面白かったです。指原莉乃さんは監督の才能もあることに驚きました。


映画ユーザーレビュー
2016y02m02d_093854228