no title

no title

HKT48のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』が29日に公開初日を迎え、同日、都内の劇場でHKT48メンバーが舞台挨拶に立った。

no title

no title

no title

no title


全文を読む
http://tokyopopline.com/archives/55908  

 

指原莉乃監督「アイドルをどうして応援したくなるかが詰まってる!」NMB48飛び入り参加も!

映画ランド @eigaland
映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』初日舞台挨拶
#指原莉乃 #HKT48 #NMB48 #映画
no title

https://twitter.com/eigaland/status/692954519383195649
15:16 - 2016年1月29日

指原莉乃、壮絶な経験を回顧「今からでも辞めるって…」

http://mdpr.jp/cinema/detail/1560887 
指原莉乃が監督
同作は創立当時からの貴重な映像とともに青春の記録を振り返りながらも、指原が自ら監督となり、インタビューを織り交ぜてメンバーの今と未来にもスポットを当てていく作品。指原は「改めまして“きゃんとく”の指原莉乃です」と自己紹介。「本当に夢のようでずっと家で作業していたあの映像が全国のスクリーンに流れると思うとすごく嬉しいです」と“監督”として感無量の心境を吐露。

監督として一番大変だった時を聞かれると「最初に全体像を作って秋元さんにプレゼンした時に全部ダメって言われて、今からでも辞めるって言えるくらい心折れました」と回顧。「それからマイケル・ムーア監督の作品を見てやっと分かるようになって秋元さん凄いなと思った次第です」と苦労を明かした。

“監督・指原莉乃”に称賛
そんな指原の苦労はメンバーも見ていたようで、宮脇咲良は映画を見て「自宅で指原さんが映画の編集をしているシーンがあって、アイドルをしながら監督として編集してたのがびっくりしました」と称賛。

インタビューは一人一人指原とご飯を食べながら行ったというが、珍しい機会に朝長美桜は「緊張して怯えてた」と告白。しかし指原の引き出す能力のおかげで「本音を自然と出せちゃいましたし、自然と涙も流れてきて自分でも驚きました」とメンバー一同絶賛していた。

上野遥が涙
今回、一度も選抜に選ばれたことがない苦労人のメンバー上野遥をフィーチャー。上野は自分の番になると声をつまらせながら「どんなに辛いことや苦しいことがあっても諦めずに頑張っていたら見てくれてる人がいるんだなと感じました」と涙を見せ、会場からは温かい拍手が送られた。
no title