AS20160113004683_comm
日本武道館で行われた音楽と格闘技の対決コラボレーションをテーマにしたフェス「GUM ROCK FES. In 日本武道館」に出演した。

 「東西アイドル対決」と題して、パフォーマンス対決を行った。その後、メーンイベントの長州力と藤波辰爾のプロレス対決で、応援団を務めた。

 試合は5分49秒で長州のフォール勝ち。HKT48指原莉乃は「すごかったです。興奮して、『長州、ひっくり返せ~!』って普通に言ってました」。プロレス初観戦という乃木坂46生駒里奈は「すごいですね。男と男のぶつかり合い、こんなに熱いものなんですね。いいものを見させていただきました。男性のそういうものを見る機会がないんですけど、すごいかっこよかったです」と大興奮だった。

 試合を終えた長州は「いや~大変です。めちゃくちゃ大変です」と汗をぬぐった。藤波は「やられましたね」と苦笑いだった。

 ライブパートでは、HKT48は「メロンジュース」「しぇからしか!」などを披露し、乃木坂46の楽曲「ダンケシェーン」も歌った。一方の乃木坂46も、昨年のNHK紅白歌合戦で歌った「君の名は希望」や、HKT48の楽曲「控えめI love you!」を披露した。乃木坂46の出番の途中、「ポピパッパパー」の終盤で突如、音楽が止まってしまうアクシデントもあったが、すぐに切り替え、続く「制服のマネキン」を歌いきった。衛藤美彩は「音楽が止まって、指原さんとかが出てくると思いました。あれで逆にいい緊張感に包まれて、盛り上がりました~」と笑った。

http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1596680.html 

HKT48が25日、「対決」をテーマとする音楽と格闘技のイベント「GUM ROCK FES. In 日本武道館」に出演し、「東西アイドル対決」として乃木坂46とライブパフォーマンスで競い合った。

 両グループの「対決」は、イベントのセミファイナルとして行われた。まず、HKT48が「しぇからしか! 」「桜、みんなで食べた」など6曲を披露。トークでは「乃木坂に負けないところ」として、朝長美桜は「フレッシュさ」と言い、矢吹奈子は「14年の芸歴」とアピールした。

 一方、「絶対に負けないという思いで来た。めっちゃ燃えている」(桜井玲香)と気合十分の乃木坂46は、「命は美しい」「制服のマネキン」など5曲を歌った。

 この後、HKT48が「ダンケシェーン」、乃木坂46が「控えめI love you! 」と、それぞれ相手の楽曲をパフォーマンス。最後はじゃんけんで勝負を決めることになり、宮脇咲良が松村沙友理を下してHKT48が勝利を収めた。

 「マネジャーから『観客は7対3で乃木坂のファンが多い』と聞いていたので、ステージに出てくるのが怖かった」と指原莉乃。それでも、ライブ後は「乃木坂のファンも盛り上がってくれた。『メロンジュース』では紫だったペンライトを緑にしてくれて、うれしかった」と感謝の言葉を口にした。

 イベントでは「Thinking Dogs」と「Silent Siren」のバンド対決や、長州力と藤波辰爾のプロレス対決なども行われた。HKT48と乃木坂46のメンバーは、間近で生のプロレスを観戦。指原は「興奮した」と感想を話し、生駒里奈は「男と男のぶつかり合いは、こんなにも熱いんだと思った」とコメントした。


その他ニュース関連
http://www.asahi.com/articles/ASJ1F5WFGJ1FUCVL02J.html